「私たちは自分たちの家を去った。私たちには仕事がない。私たちには、本当に、私たち自身のものが何一つありません。」

ウクライナ

お母さんに抱かれている赤ちゃん。

お母さんは、斜め下を一点をみつめています。

赤ちゃんもお母さんの気持ちがわかっているかのように、同じところをみつめています。

目に力がありません。

何が見えているのか。

7月28日午後10時48分、UNICEF Social Policyのツイートです。

UNICEF Social Policy

ツイートを読んでみたい。

just まさに 本当に

transfers 移す、動かす

start over やり直し

「私たちは自分たちの家を去った。私たちには仕事がない。私たちは、本当に、私たち自身のものが何一つありません。」

ビラと彼女の家族はウクライナのザポリジャスカ州の自分たちの町から逃げなければならなかった。

ユニセフとそのパートナーの現金の移動と、社会的保護の支援は彼女らのやり直しを助けている

レポートを詳しく読んでみたい。

戦争で夢を砕かれた母の新たなスタート

自宅での暴力から逃れたヴィーラさんと3人の子どもたちは、ユニセフとパートナー団体の協力を得て、リヴィウで活動を再開しています。

ユニセフ

この夏、ヴィーラと3人の子供たちは、庭で果物を摘み取り、生まれたばかりの子牛の世話をし、海辺を訪れるのを楽しみにしていました。代わりに、彼らの庭は死に、家は放棄され、ビーチは今やウクライナの最前線です。

ヴィラの息子セルヒイ10歳、ヤロスラフ7歳、エヴァ生まれたばかり

「砲弾が鳴り始めるたびに、子供たちは叫びました:「お母さん、私たちはエヴァを捕まえて地下室に走るべきです」

彼女の息子、10歳のセルヒイと7歳のヤロスラフは水、パン、ろうそくをつかみ、夫は暖かい毛布を見つけました。しかし、彼らはすぐに食べ物を使い果たしました。

「殺されるのが怖かった」

道は疲れ果てていました。車は検問所で故障し、赤ん坊は泣いていて、私たちはお粥を使い果たしていました。娘は食べたがりましたが、お湯が沸騰していませんでした。殺されるのが怖かった

私がしていることのすべては、子供たちのためだ

戦争は怖い。それはあなたがあなたの家、両親、兄弟姉妹を去らなければならないことを意味します。それがどれほど難しいか、私には説明もできません。我が家がとても懐かしいです。私の子供たちは私のサポートです、私は彼らのために戦わなければならないことに気付きました。私がしていることはすべて子供たちのためだ

戦争は怖い。

それは、すべてを置き去っていくことを意味する。

全てを奪っていく、戦争。

戦争は今すぐやめてほしい。

みんな笑って、ネットを挟んで遊んでいる。

バレーボールしてるみたい。

みんなでバレーボール。

幼児用ウオーマーのおかげでソフィアはゆっくり眠れています

7月30日午前0時32分ユニセフウクライナのツイートです。

赤ちゃんがゆっくり眠っています。

読んでみたい。

prematurely 早まって

ramble はびこる うねる ぶらぶら歩く

infant 幼児

赤ちゃんのソフィアはウクライナで爆弾が落とされ、戦争がぶらぶら歩いていた時、1か月早まって生まれました。

しかし、移動式幼児用ウォーマーの配達に感謝します。

彼女は安静に眠ることができる。

ユニセフとパートナーは150以上の装置をドニプロ、スーミ、ポクロバスク、そのほかウクライナの市の病院へ配達した。

赤ちゃんが、優しい顔で眠れているのはうれしい。

ソフィアは早産だったけど、管につながれなく元気そうに見えます。

元気に大きくなってほしい。

元気に遊べるウクライナになってほしい。

今すぐ戦争をやめてほしい。

全ての子供たちは安全に教育を受ける価値がある

deserve 価値がある

remind 思い出させる 

すべての子供たちは安全に教育を受けるに値する。

私たちの仲間ナスティアは思い出させます。暴力や闘争による破壊からなぜ学校は保護されるべきかを。

何回か動画を聞いてみるのですが、何を話しているかわかりません。

破壊され、瓦礫に埋まっている車。

すでに錆びついていて、この状態になってかなりの時間が流れたことがわかります。

赤さびた自転車も見えました。

攻撃された建物の横に黄色の花が咲いています。

とてもきれい。

ナスティアの言葉が理解できないのが残念です。

今すぐ戦争をやめてください

ウクライナ緊急募金|日本ユニセフ協会 (unicef.or.jp)

コメント

タイトルとURLをコピーしました